アイカーボン株式会社

製品紹介

リサイクルプロセス

アイカーボンの電気分解法によるリサイクルプロセスは、下記の通りです。

  1. 数cmのCFRP廃材を炭化処理後、アルカリ水溶液中で低電圧、低電流(5V,1A/cm2以下)で電気分解、陽極で発生する酸素、及び印加電圧がCFRPに作用
  2. 脆くなった廃材を高速撹拌処理して破壊し、炭素繊維を分離・濾過・回収する新しい技術

  • 電気分解でCFRPから炭素繊維を取り出す技術は他に見当たらない
  • 熱分解法が500℃以上を要し製造コストがかかるのに対し、本技術は製造コストが最も安い
  • プロセスはシンプルであり、大がかりな設備投資が不要、生産性も高い。母材樹脂回収可能

スラリー(炭素繊維)のリサイクル課程



電解後のCFRP端材

高速撹拌1分

高速撹拌3分後

洗浄した解繊後の繊維

解繊を繰り返した濾過後の炭素繊維
湿潤性良好

水に分散(分散剤は添付していません)

ページの上部へ